富山の介護求人の特徴と要員の確保対策

ここ数年、高齢化の加速に伴い、高齢者の介護の問題がテレビや雑誌で取り上げられる機会が増えています。老人ホームやグループホームといった介護施設の充実やそこで働く人々の処遇改善は、喫緊に解決しなくてはならない課題です。
富山は都市部と山間部の両面を持ち合わせた地域ですが、子供が独立しているため、老夫婦だけで暮らしている世帯も少なくありません。そのため、老老介護の問題が年々大きくなっており、施設介護だけでなく、訪問介護の需要が高い傾向にあります。
そのため、介護求人も多岐にわたっており、ケアマネジャーや介護福祉士といった専門職は当然として、ヘルパーや介護車両のドライバーなども募集があります。しかしながら、求人に対する募集が圧倒的に少ないのが実情なのです。

介護求人にかかる処遇改善について

介護職に対するイメージと言えば、非常に厳しい仕事の内容でありながら賃金が安い、勤務時間が長いといったものが上げられます。実際に数年前までは、こういった状況が常でしたが、加速する高齢化に対応するため、様々な改善がなされています。
賃金については、基本給の他に、介護事業所が経営自体を見直し、基本給を改善している他、自治体に申請することで介護職処遇改善手当が支給されることになりました。また、勤務時間については、8時間勤務の正社員に加え、パートタイマーを導入することにより、これまでの、拘束時間が長いため勤務することができなかった人も広く働けるようになりました。
このように富山の介護事業所においては、広く求人が集まるよう、様々な処遇改善を実施しているところであり、以前のイメージとは大きく変わってきているのです。

若年層に対するキャリアアップ対策

ここ最近、富山の介護求人に対する応募者において、特徴的なのは10代後半から20代前半の若い人が多いことです。その大半が、人の役に立つ仕事に就きたいとの想いが強く、体力もあることから、大きな戦力になっています。彼らを経験とともにキャリアアップさせていくことも、求人の裾野を広げていく意味では非常に大切なことです。
介護職のキャリアアップとしては、ケアマネジャーや介護福祉士が上げられます。どちらも実務経験が必要であり、一般の介護職やヘルパーと比較しても給与面等で優遇されますから、若い人たちの目標となる専門職であることは間違いありません。
介護事業所は、一人でも多くのケアマネジャーや介護福祉士を輩出するため、日頃から若い社員に意識付けを行ったり、各種の研修等への参加を促しているところです。